結婚式の指輪交換のとき活躍するリングピロー | ウェディンググッズ手作りレシピ

オリジナルウェディング

リングピロー

結婚式の指輪交換のとき、大切なリングを置いておく名脇役「リングピロー」。
リングピローとは、指輪交換のリングを乗せるクッションのことです。

最近は、テディーベアが指輪を持っていたり、ガラス製やワイヤーアート製など、
さまざまな形のリングピローがあります。
しかし少し前までは、クッションにリボンがついてるタイプが定番でした。
これにはちょっとした理由があります。

「結束」と「誓い」

古代ヨーロッパの人々は、ふたりを縄やヒモで結ぶことで結婚をあらわしたそうです。
志を同じくする者がひとつにまとまることを、日本語で「結束」って言いますよね?
ヒモで結ぶということは「結婚する」ことを意味し、ヒモは「結束」のシンボルとして用いられたそうです。

また、花婿は花嫁への愛の「誓い」として指輪を差し出しました。
当時、指輪は商取引に使われたくらい、貴重なものでした。
自分の財産を差し出すことで、花嫁への愛を示したんですね。

このふたつの習慣が現在の指輪の儀式となり、
指輪の儀式で使われるリングピローには、
結束のシンボルであるリボンで、愛の誓いである指輪が結ばれるようになったそうです。

クッションにリボンがついてるタイプは超定番なので敬遠されがちですが、
定番になるのもうなずける、こんな理由があったんですね。

挙式後、リングピローはどうするの?

ところで。ブライダルプロデューサー時代、次のような質問をよくいただきました。
「せっかく手作りしたけど、挙式が終わったらどうするの?」
確かに。気になりますよね?

挙式で使ったリングピローにもちゃんと使い道があるんですよ。
赤ちゃんが生まれた時にファーストピロー(最初の枕) として利用すると、
赤ちゃんがすくすくと成長するという言い伝えがあります。

「リングピローは挙式のときのただの飾り」なんて思わずに、
せっかくですからファーストピローとして活用してくださいね。

リングピロー厳選お役立ちサイト

おススメポイント

リボンやシルクフラワーが印象的♪他にはないデザインでみんなの視線も集中!

おススメポイント

皇室衣装製作スタッフ出身者がデザインするリングピロー。他にはない品のよさが魅力。

おススメポイント

サテンやリボンカット済みだから、初心者でも作れる!オリジナルリングピロー。

おススメポイント

挙式をより華やかに!!プリザーブドフラワーのリングピロー専門店。

おススメポイント

日本最大級の手芸専門店。手作りキットが格安で手に入ります。


関連記事
スポンサー
記事検索
人気コンテンツ
モノMONO情報局 ウェディング用語辞典