結婚披露宴の手作りプチギフト:パウンドケーキ | ウェディンググッズ手作りレシピ

はぴねすウェディング

パウンドケーキ

パウンドケーキの語源は、小麦粉と砂糖とバターを1ポンドずつ使うから。
ネットで検索すると、砂糖やバターを少なめにしているレシピも。
小麦粉と砂糖とバターが同量のパウンドケーキは素朴な味で、個人的には好きです。

パウンドケーキの魅力は、なんといっても焼きっぱなしでいいところ。
日持ちするので、プチギフトとして渡すには最適です!

紹介するレシピは母に教えてもらったものです。
素朴な味で、ドライフルーツたっぷり。

わたしの結婚式で実際にプチギフトとして使ったんですが、
金属の型を使うと型からはずしたり、切る作業が追加されてめんどくさいので。
ペーパーの型を使って、そのままラッピングして渡しました。

パウンドケーキの作り方

[ 材料(中型パウンド型 1台分 ]

  • 薄力粉・・・100g
  • 無塩バター・・・100g
  • 砂糖・・・100g
  • 卵・・・100g(Mサイズ2個くらい)
  • ドライフルーツ・・・100g
    (ラムレーズン・ドレンチェリー・アンゼリカ・くるみ・オレンジピールなどお好みで)
  • ベーキングパウダー・・・小さじ1
  • バニラエッセンス・・・少々

[ 準備 ]

  • バター・卵は常温に戻しておく。
  • 薄力粉とベーキングパウダーを合わせて2回ふるっておく。
  • オーブンを170℃にあたためておく。

[ 作り方 ]

  1. ボウルに室温に戻したバターを入れ、泡立て器で白っぽくなるまでよくかき混ぜる。
  2. 砂糖を2〜3回に分けて加え、さらによく混ぜる。
  3. 卵を1個づつ割り入れ、その度によくかき混ぜる。
  4. バニラエッセンスを加える。
  5. 薄力粉、ベーキングパウダーを一気に入れ、今度は木ベラでさっくりと混ぜる。
  6. 薄力粉が完全に混ざる前にドライフルーツを加え、さっくりと混ぜる。
  7. パウンド型に流し込み、テーブルに底を軽くたたきつけて空気を抜く。
    木ベラで中心部を凹ませる。
  8. オーブンに入れ、約40〜50分焼く。
    表面がきつね色に焼け、竹串をさしてなにもついてこなかったら焼き上がり。

[ 一言メモ ]

  • ハンドミキサーを使うと作業がラクです。
  • バターに砂糖を加えた段階で、よく泡立てておくと卵を加え終わった後も生地が分離しないです。
  • 型に詰めてからあまりしつこく底をたたきつけると、具が沈むので、数回でOK。
  • わたしは、あまりやらないのですが。
    焼きあがったあとに表面にジャムやお酒を塗ると、表面の乾燥が防げます。
    裏ごししたアプリコットジャムをラム酒で溶いたものを上面に。
    側面にはラム酒(大さじ2くらい)をまんべんなく染み込ませるといいですよ。
  • 焼きあがってから1日以上置いた方が、味が落ち着いておいしいです。
  • ドライフルーツではなく、抹茶やココアパウダーを加えるとマーブル模様が作れますよ。
    抹茶やココアパウダーを加える場合は、加えた分だけ薄力粉の分量を減らしてください。
    また、すりつぶした紅茶の葉をくわえると紅茶ケーキになります。
    紅茶ケーキの上にはスライスしたりんごをのせると、とってもおいしいです。
  • 火傷しないように十分に注意してくださいね。
関連記事
スポンサー