結婚準備中にケンカをするのは当たり前!?彼と彼女とケンカをしない上手な結婚準備のすすめ方

結婚準備マニュアル

結婚準備のスケジュールと段取り

結婚準備を進めていく中で、二人の意見が食い違い大喧嘩した、なんて話よく聞きますよね。
ゼクシィによると、結婚準備中にパートナーとケンカをした人は、なんと87%も!
よくある原因とその対策を挙げておきますので、参考にしてください。

ケンカの原因と対策

「キミの好きにしていいよ」はNG!

「彼女の好きにさせたいから、僕は意見を言わないようにしてるんです。」
「彼女に任せてありますから。」
これは、ウェディングプランナー時代によく耳にした言葉です。
自由にやりたいことをやらせてあげたいという思いやりや、信頼をしているからこその言葉かもしれません。
でも、この行動がケンカの原因になることも。

「私はこんなに一生懸命なのに、なんで何もしてくれないの?」
「どうでもいいと思ってるんじゃないの?」
本心でなくても、つい憎まれ口を叩きたくなってしまいますよね。

好きにさせたくても、任せてあっても「何か手伝えることある?」「いつもありがとう」そんな言葉を忘れずに。

二者択一は効果的な質問方法

結婚式場のこと、招待客のこと、ペーパーアイテムのこと、引出物のこと・・・etc。
結婚準備中は決めなくてはいけないことがたくさんあります。

「どうしたらいいのか相談したいのに、パートナーが相談にのってくれないんです。」
なんてお悩みを抱えている方もいらっしゃると思います。

そんな場合は「AとBならどっちがいい?」というように、選択肢をせばめて相談してみては?
「どれがいい?」「どうしたらいい?」と聞かれても、なかなか答えにくいもの。
知識がないと、何を聞かれているかすら分からないかもしれません。
AかBかを選択するだけなら、判断もつきやすくなるはずです。

作業を分担してストレス軽減

作業を分担すると、ストレス軽減の効果があります。
パートナーが得意とする分野は、完全にパートナーに任せてしまうのです。

パソコンが得意ならペーパーアイテムを作ってもらったり。
音楽を聴くのが好きならBGMを選んでもらったり。
字が上手なら招待状の宛名書きを頼んだり。
上手におだてながら(?)、作業を分担しましょう。

ただし!任せたからには文句は言わないようにしましょうね。

ケンカは決してマイナス要因だけではない

あなたとパートナーは価値観が違います。
恋人時代なら「まあ、いっか」と諦めることができた価値観の違いも、結婚準備中にはそうはいきません。
ですから、ケンカになってしまうんですよね。

価値観の違いというのは「正しい/正しくない」というので判断できません。
あなたの言い分も、パートナーの言い分も、それぞれの価値観からすれば正しいはずです。
自分の意見を主張することも大切ですが、パートナーの意見も聞いてみましょう。
ケンカが悪化してしまったら、ひと晩寝るなど、時間を置いて冷静に話し合って。

しっかり話し合うことで、今まで知らなかったお互いの短所・長所が見えてきたり、
結婚後のお互いの対処法を学ぶことも出来ます。
先輩カップルの中には、結婚準備中のケンカが結婚生活にとても役に立ったという意見も。
無理にケンカをする必要はありませんが、ケンカは決してマイナス要因だけではないことを覚えておいて。

結婚準備は新しい生活をはじめるためのかけがえのない時間

長いようで短い結婚準備の期間。
予定通り準備がすすまないことや、休日が準備に費やされることも。
おふたりの意見が合わず喧嘩をしてしまうこともあるかもしれません。
ご両親との調整がうまくいかないこともあるかもしれません。

「このまま結婚していいのかな?」「なんで結婚するんだろう?」「結婚なんかしないっ!」
こんなふうに不安になったりしてしまったり、投げやりになってしまうかもしれません。

そんな時は思い出してください。
「あなたの隣にいる大切な人と新しい生活をはじめるための準備をしている」ということを。
たまには結婚準備のことをいっさい忘れてゆっくりデートを楽しんでみては?
ふたりで楽しい時間を過ごして、相手を思いやるゆとりを育てた後、
再び準備をはじめましょう。

新しい生活をはじめるためのかけがえのない時間を大切に。
ひとつひとつのプロセスを楽しんでください。

>> 次のページでは、親と仲良く結婚準備をすすめる方法について解説します。

関連記事
スポンサー
記事検索
人気コンテンツ
モノMONO情報局 ウェディング用語辞典