結婚招待状の封筒 | 結婚招待状の文例と手作りペーパーアイテムの基本

オリジナルウェディング

封筒

招待状、返信はがき、案内図、付箋などを送る「封筒」。
招待状と色合いを合わせたり、同じデザインで合わせるなど、トータルコーディネートが出来ていると素敵です。

関連ページ

結婚招待状のポイント 返信用はがきのポイント 付箋(追伸カード)のポイントと文例

手作り封筒のポイント

結婚式招待状 封筒サンプル 結婚式招待状 封筒サンプル 1.封筒は縦書きでも横書きでもOK!
封筒は縦書きでも横書きでもOK! 招待状のデザインにあわせて、どちらかを選んで。 ただし、宛名と差出人の向きは必ず合わせること。 また縦書きにする場合は、封筒を閉じる部分が左側に来るように宛名を書くようにしましょう。

2.宛名書きは手書きがベスト
宛名は基本的に手書きがベスト。 下手でも気持ちを込めて手書きをしてみては?

3.敬称は「様」が基本
封筒の表にはゲストの名前と住所を記載します。 敬称は通常「様」。恩師や医師には「先生」を使います。 名前を書く際は、旧字体、人名外字などを間違えないように気をつけましょう。

4.ご夫婦、ご家族で招待する場合は連名で
ご夫婦で招待する場合は、ご主人の姓名とご婦人の名前を連名で書きます。 この際、両人の「様」が揃うように並べて書きましょう。 ご婦人の名前がわからない場合は、「令夫人」とし、令夫人の「人」が「様」と揃うように書きます。 また、ご家族の場合は、ご主人のお名前と並べて「ご家族様」と記入しましょう。

5.切手
切手は慶事用のものを貼るようにしましょう。 慶事用の切手は郵便局で購入できます。

6.差出人は披露宴の主催者と同じ
披露宴の主催者が両家の親の場合は両家の親の名前で、新郎新婦の場合はふたりの名前で出します。 縦書きの場合は、新郎側の住所氏名を右側に、新婦側の住所氏名を左側に記載。 横書きの場合は、新郎側の住所氏名を上に、新婦側の住所氏名を下に記入しましょう。
※ふたりの名前が差出人の場合、入籍前なら旧姓が基本です。

ペーパーアイテム厳選お役立ちサイト

おススメポイント

シック〜ポップまで種類は豊富。あなたのウエディングを彩るお気に入りを見つけて。

おススメポイント

シンプル、シック、モダン、エレガント、和風。ウエディングスタイルに合わせて選んで。

おススメポイント

かわいいものからシックなもので。和風のデザインも取り揃えています。

おススメポイント

「夢と魔法の国」をテーマのペーパーアイテムを中心にしたウェディング専門ショップ。

おススメポイント

招待状など海外直輸入のブライダルグッズを販売。印刷サービスなども充実。

おススメポイント

トータルコーディネイトできる手作りキットをご用意♪直輸入のインポートブランドも。

おススメポイント

日本最大級ブライダルグッズ販売サイト。無料テンプレートがあるから安心。


関連記事
スポンサー
記事検索
人気コンテンツ
モノMONO情報局 ウェディング用語辞典