結婚式のお礼・お返しマニュアル いつ?誰に?いくら?完璧リスト

結婚準備マニュアル

結婚式のお礼・お返しマニュアル

結婚式では、さまざまな方にお世話になります。
ウエディングプランナー、司会者、ヘアメイク、カメラマン、
介添え人など会場側のスタッフ。
そして、受付やスピーチをお願いした友人・知人などなど。

そのような方たちへ、ふたりからの感謝のしるしとしてお渡しするのが
「お礼・お心づけ」と言われるものです。
「ありがとう」の気持ちを形で伝えるものなので、慣習にならって渡すのがベターです。

お礼・お返しの種類

結婚式のお礼・お返しの種類には以下のようなものがあります。

種類 説明
心付け ウエディングプランナー、司会者、ヘアメイク、カメラマン、介添え人など結婚式に携わってくれたスタッフに渡す謝礼。 サービス料を支払っているので、心付けを辞退する会場もありますが、ふたりのの感謝の気持ちとして用意するのがベター。
お礼 受付や司会、撮影など特別な頼みごとをした人に渡す謝礼。撮影を頼んだ場合は、フィルム代・現像代などの実費を別途負担します。 大きな意味では媒酌人、主賓、遠方から招待するゲストに渡すお車代もお礼に含まれます。
お車代 媒酌人や主賓として出席してもらった方に渡す謝礼。 また、遠方から駆けつけてくれた友人や親戚にも半額〜全額の交通を渡します。
内祝い 披露宴に招待できなかった方から、結婚のお祝いをいただいた方へのお礼。 頂いた金額の1/3〜半額程度の品を挙式後1ケ月以内にお返しを贈るのが基本です。

心付けについての詳細は「お心付けについて」へ お車代についての詳細は「お車代について」へ 内祝いについての詳細は「結婚内祝いのQ&A」へ

前日までに準備しておくこと

  • ■ 渡す人リストを作る
    渡す人のリストをまず作りましょう。
    リストの項目には、名前、お願いする役割、渡す金額を含めます。
    また、費用はどちらが負担するのか、だれがいつ渡すのかも話し合い、書き込む項目を作っておくと便利です。

  • ■ 新札を用意する
    かならず新札を用意すること。
    うっかり忘れていたなんてことがないように銀行で早めに両替を。

  • ■ ご祝儀袋やポチ袋を用意する
    リストに沿ってご祝儀袋やポチ袋を用意します
    お心づけは予想以上に必要になってしまうことがあるので、あらかじめ多めに用意しておくと安心。

  • ■ 宛名書きをする
    意外と時間がかかる宛名書き。
    結婚式前日に睡眠時間を削って宛名書きをすることがないように、早めに取り掛かりましょう。

  • ■ 親と打ち合わせる
    本来は感謝の気持ちを込めて新郎新婦から渡すのが筋ですが、結婚式当日の新郎新婦は忙しいもの。
    親に渡してもらう場合は、「誰に・いくら・いつ渡すか」を打ち合わせを。
    用意したご祝儀袋は前日までに預け、渡しそびれる人が出ないように配慮しましょう。

>> 次のページでは、お心付けについて解説します。

関連記事
スポンサー
記事検索
人気コンテンツ
モノMONO情報局 ウェディング用語辞典