遠方から来てくれる親戚や友達のお車代(旅費・交通費)について。

結婚準備マニュアル

結婚式のお礼・お返しマニュアル

遠方から来てくれる親戚や友達の旅費・交通費、いわゆるお車代というもの。
どうするか、頭が痛いですね.....。
招待される立場になれば欲しいけど、招待する立場になれば予算が苦しい。
そんなことろではないでしょうか?

結論から言います。 「ご祝儀貧乏」という言葉があるとおり、招待された方もいろいろとお金がかかるもの。
地域によって習慣が違うと思いますが、予算が許すかぎりお渡しするのがベターです。

お車代の渡し方

お車代の用意は、意外と時間がかかるもの。
新札を用意したり、封筒にゲストのお名前を書いたり、金額を確かめたり.....。
前日の晩に慌てないように、早めに準備をしておきましょう。

受付で渡してもらう

一般的なのは、当日、披露宴の受付でポチ袋に入れた現金を渡す方法。
受付の方から渡してもらう場合は、事前に打合せをしておきましょう。
ポチ袋は50音順に並べておくと渡しやすいです。

ご両親から渡す

披露宴の会場前の時間や披露宴の食事歓談中に、
ご両親があいさつに回りながら渡す光景もよく目にします。
渡し間違えないように、ご両親とよく打合せをしておきましょう。

新郎新婦から渡す

タイミングを見計らって新郎新婦から渡してもOKですが、
新婦は当日一番忙しいく、渡し忘れる可能性があります。
新婦から渡すのは、できるだけ避けたほうがいいかもしれません。

チケットを送る

招待状に飛行機・新幹線などのチケットを同封したり、
出席の確認をしたあとに、飛行機・新幹線などのチケットを送付する方法もあります。
あらかじめお車代を渡すことを伝えておく方が親切なので、
出席の確認をした後に送る場合は、招待状やメッセージカードに一言添えておきましょう。
「お車代をご用意させて頂きます。
 ご多用中、大変恐れ入りますがご出席の程、宜しくお願いいたします。」

お車代を包めそうにない場合

お車代をあまり包めそうにない場合は、招待状を送る前に電話を入れましょう。
「あんまりお車代包めないけど、良かったら来てね。無理しなくていいからね。」
「お車代は出せないけど、それでも良かったら来てくれる?」
こういう気遣いの言葉があるのとないのでは大違いですよね。

小額のお車代を渡す際は「心ばかりですが・・・」「ほんの気持ちですが・・・」
と断ってお渡ししましょう。

ホテルや飛行機などの予約は、ネットから申し込むと割引があることも。
結婚式をするホテルや式場が提示する宿泊代と比較して、賢く予約をしましょう。
楽天トラベル(旅の窓口)  安い!全国発着!品揃え豊富な格安航空券サイト「空の旅.COM」 往復航空券に1泊分の宿泊券がついたお得な格安航空券!! 国内ホテルの格安予約サイト『一休.com』

宿泊費のみを負担する場合

「お車代は出せないけど、宿泊費はこっちで負担するから、次の日観光でもして。」
と招待状もしくは電話で伝えましょう。
観光マップなどをおふたりで手作りすると、さらにいいですね。
その土地ならではのおいしいものが食べられる場所や、必見の観光スポットなど、
おふたりならではの観光マップは大変喜ばれると思います。

関連記事
スポンサー
記事検索
人気コンテンツ
モノMONO情報局 ウェディング用語辞典