心づけって本当に必要?結婚式・披露宴のお心付けについて。

結婚準備マニュアル

結婚式のお礼・お返しマニュアル

結婚式でお世話になる人に、心づけ(お礼)を渡す習慣が日本にはあります。
心づけは、必ず渡さなければならないものではありません。
心づけによって、サービスの質が変わることもありません。

最近では、心づけを辞退する会場も。
前もって「心づけは受取りません」といわれることもありますし、
渡したときに辞退されることもあると思います。
この場合は、無理に渡す必要はありません。

心づけの金額目安

心づけを渡す場合は、結びきりの水引がついたご祝儀袋か寿用のポチ袋に入れます。
多額を包むわけではないので、大げさな飾りのついたご祝儀袋はNGです。
表書きは「寿」もしくは「御祝儀」。
中に入れるお札は新札を用意します。

渡す人 金額の目安
介添人 3,000〜5,000円
美容師 3,000〜10,000円
ハイヤーの運転手 1,000〜3,000円
会場係 責任者 3,000〜5,000円
スタッフ1名につき 1,000円
カメラマン 3,000〜10,000円
司会者 3,000〜10,000円

心づけを渡す?渡さない?

心づけをするかどうかは、おふたりそしてご両親とよく相談して決めましょう。

わたしがブライダルプロデューサーをさせていただいていた経験から言いますと、
新郎新婦が幸せそうな笑顔で「ありがとう」と感謝を述べてくださったときや、
後日お礼のお手紙をいただいたときが、何より幸せでした。
(いただいたお礼のお手紙は、わたしの宝物です!)
行動に心が伴っていれば、感謝の気持ちは伝わるのでは?

「すべての人に心づけを渡すのは大変!」という場合は、お菓子の詰め合わせを渡してもOK。
お金ではなく、菓子折りを渡しても感謝の気持ちは十分伝わりますよ。

心づけは誰から渡す?

心づけは、新郎新婦からのご祝儀です。
本来は、披露宴後に「お世話になりました」という気持ちを込めて新郎新婦から渡すのが筋。
でも、結婚式当日の新郎新婦はなにかと忙しいもの。
また、披露宴後はあわただしく、渡し忘れてしまうことも。

式が始まる前に「本日はよろしくお願いいたします」と言葉を添えて、
お母様から渡してもらうとスムーズだと思います。
お母様から渡してもらう場合、誰に渡すのかをしっかりと伝えておきましょう。
たまに、渡し間違えてしまう方がいらっしゃいます。
当然のことながら、渡し間違えても「返してください」とは言えませんので.....。

>> 次のページでは、お車代について解説します。

関連記事
スポンサー
記事検索