新郎だって結婚式の主役!メンズフォーマルの種類と新郎用衣裳の選び方

美しい花嫁になるために

新郎用メンズ衣装の選び方

結婚式の主役は新婦・・・と、よく言われますが。
新郎だって結婚式の主役。
特別な日だからこそ、フォーマルウェアをカッコよく着こなして。

とはいっても、フォーマルの世界では、男性が女性の装いに合わせるのが常識。
新郎の衣裳はドレスが決定してから、選ぶとスムーズです。

メンズフォーマルの種類

モーニングコート
モーニングコート

午後6時までの正礼装。
乗馬用に大きくカットされた前裾と、ジャケット丈が長いのが特徴。 グレー系のベストが一般的な欧米スタイル。 パンツはコールズボンと呼ばれる黒とグレーの縦縞のスラックスを組み合わせる。 シャツはウイングカラーまたはレギュラーカラーで、袖口がダブルカフスのものを。 タイは白黒の縞柄か、シルバー系の結び下げ、またはアスコットを。 アスコットタイの場合には、ウイングカラーシャツを着用。

テールコート
テールコート

午後6時以降の正礼装。
「燕尾服」「ホワイトタイ」とも呼ばれ、後ろ身頃が燕の尾のように長いのが特徴。 ホワイトタイという呼び名の通り、コットンピケ素材の白い蝶ネクタイを合わせるのが正式とされる。 ベストやシャツ、ポケットチーフも白で揃える。もちろん手袋も白。 スラックスの側章は2本が原則。靴はエナメル素材のものがベスト。 上下ともに黒が一般的だが、濃紺、白、グレーなどカラーバリエーションも増えてきた。

フロックコート
フロックコート

昼間の礼装。
英国貴族の正装で、乗馬用に簡略されたモーニングの原型。 フロックコート+ベスト+ズボンは、現代のビジネススーツの原点ともいわれる。 ジャケット丈が長く、膝まであるのが特徴。 礼装として着用する場合は、ウイングカラーシャツにアスコットタイを組み合わせるのが正式。 ベストは必須。 近年人気が高いデザインで、時間を気にせず着用するケースが増えている。

ディレクターズスーツ
ディレクターズスーツ

昼間の準礼装。
欧米のエグゼクティブが愛用したスーツが原型。 モーニングコートとブラックスーツ(礼服)の中間的なスタイル。 パンツはコールズボンと呼ばれる黒とグレーの縦縞のスラックスを組み合わせる。 シャツはレギュラーカラー、ウイングカラーともに可だが、袖はダブルカフスのものを。 タイはシルバーグレーの結び下げ(ネクタイ)が基本。 フロックコートと同様に、近年人気が高いデザイン。

タキシード
タキシード

午後6時以降の準礼装。
テールコートのホワイトタイに対し「ブラックタイ」と呼ばれる。 ブラックタイという呼び名の通り、シルク素材の黒い蝶ネクタイを合わせるのが正式とされる。 胴にカマーバンドを巻きベストを着用しないのが特徴だが、ベストを着用することもある。 シャツはレギュラーカラー、ウイングカラーともに可。 スラックスの側章は1本が原則。 サスペンダーと白のポケットチーフを忘れずに。

フォーマルスーツ選びは難しい?

フォーマルスーツは、午後6時が起点。
時間帯によってふさわしいものが変わるため、「難しい」と思われがち。
でも、日本では欧米ほど厳格に守られているわけではありません。
また、時代によって変化していくものです。

たとえば、午後6時以降の正礼装であるテールコートは、
新郎の衣裳としては、午後6時前であっても着用されることは珍しくないですし、
午後6時以降の準礼装であるタキシードは、昼夜の区別なく1日中着用されています。

「ドレスと同じ」とまではいきませんが、メンズのオシャレの幅も広がってきました。
タイやポケットチーフ、カフスなどでオシャレをすることも可能。
あまり難しく考えず、自分らしい着こなしを目指しては?

メンズフォーマル選びのポイント

「自前のフォーマルスーツを持っている」そんな男性は日本では一部のセレブの方々くらい?
大半の方がレンタルを利用しています。
必ず試着をして、身体にあったサイズを選んでください。
とはいっても、身体にあったサイズを選ぶのは、簡単なようで実は難しいですよね。

「フォーマルなんて着たことがないからジャストサイズがどんなものか分からない」
「おなかの辺りが気になるから隠したい」
「痩せているのをカバーしたい」
そんな理由で、大きめサイズのジャケットを選んでしまう方が多いのも事実。
でも、ぽっちゃりしている方が大きめのサイズを着ると、だらしがなく見える原因に。
また、痩せている方が大きめのサイズを着ると、貧相に見えてしまいがち。
身体にあったサイズを選ぶためにも、試着をしたら靴を履き、全身を鏡でチェックしましょう。

ショルダーラインがきまると格好がいい!

身体に合っているかどうかを見極める一番のポイントが、ショルダーライン。
肩のラインは落ちていないですか?
また、変なしわやひきつりなどが出ていないですか?

バックシルエットや着心地も忘れずチェック

次にチェックしたいのが、バックシルエット。
首の後ろのあたりに、変なしわやひきつりなどが出ていないですか?
また、後姿がダボついて見えていないですか?
バックシルエットは自分ではチェックできませんから、店員さんや彼女の意見を参考にして。
また、着心地も要チェックです。
歩いたり、座ったり、腕を動かしてみたりして、身体にフィットしているかチェックしましょう。

ジャケットの袖丈は要注意

注意したいのがジャケットの袖丈。
シャツの袖がジャケットの袖から1㎝ほどのぞき、カフスが若干見える程度がベストな袖丈。
通常のスーツより短めなのでちょっと変な感じがするかもしれませんが、
それがフォーマルのベストな袖丈なのであしからず。
衣裳室およびレンタルショップでは、袖丈、ズボン丈などのお直しが可能なことがほとんど。
気になるところはお直しをしてもらいましょう。

関連記事
スポンサー
記事検索
人気コンテンツ
モノMONO情報局 ウェディング用語辞典