披露宴の演出アイディア集。結婚式の定番演出をおふたりらしくアレンジ!

オリジナルウェディング

結婚式の演出 披露宴編

ウェルカムスピーチ

披露宴の冒頭に、新郎新婦からゲストの皆さんにご挨拶をします。
「アットホームな披露宴にしたい」
「皆さんにも楽しんでいただきたい」
「両親にもゲストとして楽しんでもらいたい」など。

「こういう披露宴にしたいです」というふたりの想いや趣旨と
出席していただいたお礼を含めるとGOOD。
多少型破りなことをしても、おふたりの想いをはじめに説明することで
ゲストの皆さんにはご理解いただけることがほとんどです。

そのまま乾杯までしてしまってもいいですし、乾杯はゲストにお願いしてもOK。

新郎新婦紹介

ご媒酌人や司会者が新郎新婦を紹介するのがポピュラーですが。
新郎新婦紹介にもいろいろな方法があります。

まず、お互いに紹介する他己紹介スタイル。
おふたりの言葉で、お互いのプロフィールを紹介します。
「○○年に○○で生まれ、○○学校を卒業し・・・」といった紹介だけではなく、
第一印象や、相手のことをどう思っているのか、などなど。
どんな人なのかが伝わるエピソードを入れると楽しいです。

次に、家族から紹介してもらうスタイル。
生まれたときからふたりのことを知っているお父様やお母様からの
「親」ならではのエピソードは、涙がこぼれてしまうこともしばしば。
お父様やお母様に限らず、ご兄弟やおじいちゃん、おばあちゃんから紹介いただいても素敵です。
最低限話して欲しいことは、事前に伝えておくといいと思います。

最後に、インタビュー形式でゲストに紹介してもらうスタイル。
わたしはこれをやりました。
司会者に年表的な紹介を入れてもらいつつ、その時代のことを知っている人に
「どんなお子さんでしたか?」「クラスではどんな存在でしたか?」
「とっておきの思い出話を聞かせていただけますか?」 などの質問をしていきます。
突然のインタビューでも構わないですし、聞く内容をあらかじめ伝えておいてもいいと思います。
「もう時効だよね・・・?」と言って爆弾発言をする方もいらっしゃいますので、
どうしてもバラされたくない秘密をにぎっている方にはインタビューをしないように、
あらかじめ司会者に伝えておきましょう。
インタビューする人が多いと間延びしてしまうこともありますので、人数は少なめに。

ケーキ入刀

ケーキ入刀にもいろいろな方法があります。
おふたりが希望されるご披露宴には、どのスタイルがぴったりですか?

まずはじめに、ふたりでケーキ入刀するスタイル。
最もポピュラーな方法。
シャッターチャンスになります。
入刀後はしばらくカメラに向かって笑顔をふりまきましょう。

次に、ご両家のご両親とケーキ入刀するスタイル。
ご両親が結婚式でケーキ入刀をしていない場合や、
父の日、母の日にご披露宴をされる場合、6人でケーキ入刀をすることが多いです。
ご両親にもスポットをあてたいと考えているおふたりには、ピッタリの演出ですね。

最後に、ゲストテーブルごとにケーキ入刀するスタイル。
間近でケーキ入刀を見ることができるので、ゲストには好評のスタイルです。
この場合、ケーキがテーブルの数だけ必要になります。
ひとついくらで作ってくれるのか、会場と相談しましょう。

大桃饅頭入刀

披露宴のお料理が中華なら、大桃饅頭入刀がオススメ!
大桃饅頭って見たことありますか?
右の写真のような形をしてます。

中国では祭りや御めでたい行事になると、
大きな桃饅頭の中に小さい桃饅頭をたくさん詰め込み、
頭から真っ二つに切って中の桃饅頭をみんなで食べ、お祝いするそうです。
結婚式では、「子宝に恵まれるように」「幸せのおすそ分け」という意味が。
大きな桃饅頭から小さな桃饅頭が出でくると、ゲストの皆さんはすごくビックリされますよ。

ケーキのトッピング

ケーキ入刀の前に、ゲストにケーキの飾り付けを手伝ってもらう演出です。
生クリームだけのケーキにして、フルーツやチョコレート、
チョコペンなどで、トッピングをしてもらいます。
ふたつケーキを用意して男性用 vs 女性用のトッピング大会や、
テーブル毎にトッピングしてもらってテーブル対抗トッピング大会をしても楽しいですよ。

ファーストバイト(ファーストイーティング)

ケーキ入刀の後に、一切れをお互いに仲良く食べさせあうファーストバイト。
(ファーストイーティングとも呼ばれています。)
新郎が新婦に食べさせるときは「一生食べ物に困らせない」という想いを込めて。
新婦が新郎に食べさせるときは「おいしいご飯を作るね」という想いを込めて
食べさせてあげてくださいね。
新郎には大きめにカットしたものを食べさせちゃいましょう!

リボンプルズ(ケーキプルズ)

欧州や欧米では人気の演出、リボンプルズ(ケーキプルズ)。
シルバーチャームを使ったちょっとしたゲームです。
欧米では、シルバーチャームは幸運を招くと言われ、
生まれたての赤ちゃんや花嫁さんが身に着ける習慣があります。

まず、ケーキにリボンをつけたチャームをセットしておきます。
ケーキ入刀前後に、新婦の友人(未婚の方)にウエディングケーキの前に
集まってもらいます。
そして、それぞれが好きなリボンをひいてチャームを引き当てます。
チャームはその形によって「希望」「真実の愛」「幸福な家」「平穏な生活」など、
ひとりひとりに、さまざまな幸運を予告します。

欧州や欧米では、友人への夢のある贈り物として多くの花嫁がこのセレモニーを行っており、
友人たちが引き当てたアイテムは、思い出の記念、幸せのお守りとして喜ばれてるとか。

チャームを用意する予算がない方は、ストローで応用しちゃいましょう。
普通のストローと、先端を斜めにカットしたストローを用意します。
ストローにはリボンをくくりつけておき、チャームのときと同様にリボンをひいてもらいます。
先端を斜めにカットしたストローを引き当てた方が当たりです。
チャームと違って、ストローでは当然、幸運の予告はできませんので(笑)。
プレゼントを用意しておくといいと思います。
プレゼントを用意する予算がない方は、ブーケや卓上装花でいいと思います。

ラッキービーンズ

ケーキの中にドラジェなどを仕込んでおき、
ドラジェが当たった方に何かプレゼントをするラッキービーンズ。
ドラジェが当たる人を操作できるので、
ブーケをプレゼントしたい人が決まっているときにピッタリです。
いわゆるできレースですね(笑)。

ドラジェが当たった方にスピーチをしてもらうアンラッキー(?)ビーンズでも楽しいですよ。
アンラッキービーンズの場合も、なにかプレゼントを用意しておくといいと思います。

ラッキービーンズの変形として。
コーヒーソーサー(コーヒーカップの受皿)の裏側に銀貨を貼り付けておく方法も。
欧米では生まれた年の銀貨は「ラッキーコイン」といわれ、
幸運のお守りとされています。
お誕生日のゲストがいるときは、いい演出になるのでは?

ブーケプレゼント

ブーケはどなたかにプレゼントしますか?
新婦の独断と偏見でプレゼントする人を決めてもいいですが。
ブーケトスやブーケプルズ、ラッキービーンズといった方法も。

ブーケトスは新婦が後ろ向きに未婚の女性たちの所に投げる、
最もポピュラーなスタイル。
参加する女性が遠慮がちだと、そのまま地面に落ちてしまうことも・・・。
トス用のブーケを作っておくのもひとつの手です。

ブーケプルズは最近人気が高まっているスタイル。
参加する女性の人数分のリボンを用意し、そのうち1本だけをブーケとつなげておきます。
参加する女性に集まってもらい、それぞれ好きなリボンを引いて1人だけがブーケを引き当てます。
ブーケトスをするスペースがない会場や、披露宴の中でブーケをプレゼントしたいときにはオススメ。

ラッキービーンズは、ケーキの中にドラジェなどを仕込んでおき、
ドラジェが当たった方にブーケをプレゼントします。
ラッキービーンズの変形として。
コーヒーソーサーの裏に外国製のコインを貼っておき、当たった方にブーケをプレゼントする方法も。
また、普通のシュークリームとカラシ入りのシュークリームを用意しておき、
カラシ入りのシュークリームを食べた方にブーケをプレゼントする方法も。
嬉しいんだか、悲しいんだか分かりませんが・・・。

ブーケが当たった方には、司会者からインタビューをしてもらうとGOOD!

たくさんの友人に幸せのおすそ分けをしたい場合は。
小さいブーケを束ねてひとつのブーケにしても。
だいぶ定番となっていますが、ブーケをもらえたゲストは喜んでくれますよ。
また、結婚式後にブーケを押し花にし、ゲストにあらためて渡す方法もあります。

ガータートス

女性向けのブーケトスがあるならば。
男性向けのガータートスというものもあります。
ガータートスとは、新郎が新婦のドレスの中にもぐりこみ、
ガーターをはずして未婚男性に投げるというもの。
(新婦がスカートをまくって外すこともあります。)

もともとフランスから始まった風習らしいのですが。
ガーターを受け取った男性が次の花婿候補になるといわれています。

欧米でもヒンシュクをかう風習になってきているようなので。
ゲストの年齢層や性格を充分考慮してからトライしてみてください。

両親へのプレゼント

感謝の気持ちを込めて渡す花束。定番演出ですね。
でも、「枯れてしまうからイヤ!」という方も。
ご両親へのプレゼントは、花束以外でもOKなんですよ。
花束の代わりに、自分が生まれたときの体重のベアをプレゼントする方も増えています。

個人的には。ご両親が本当に喜ぶものをプレゼントするのがいいかと。
お酒が好きなご両親にはワインやワイングラス、焼酎、日本酒を。
旅行が好きなご両親には旅行券を。
ゴルフが好きなお父様にはゴルフ用品を。
お料理が得意なお母様にはエプロンを。
なんでもいいと思います。
その代わり、なぜそれをプレゼントするかをおふたりから、
または司会者から説明してもらいましょう。

ちょっとかわったプレゼントを考えているのなら。
「月の土地」をプレゼントしてみては?
「月の土地」は、1エーカー(約1200坪)の広さが、2,700円です。
約1,200坪(1エーカー)の土地と言うと、サッカーグラウンド1つ分に相当します。
現在全世界175ヶ国、約130万人の「月の土地」の所有者がいます。
日本でもすでに、約3万人の方が月のオーナーになっています。
決して高価なものではありませんが、夢とロマンがつまった贈り物になるのでは?
夢のような話ですが、夢ではありません!月の土地が買えるサイト

私は体重ベアを渡したのですが。
遠方から来ていた両親には重すぎたらしく。
「途中で捨てて帰ろうかと思った」と言われてしまいました。
でも、実家に帰るとリビングの一番いいポジションに飾られてるんですよ。
本音なのか、照れ隠しなのか、未だによく分かりません(笑)。

遠方から来ているご両親には。
ご両親がご自宅に着く時間を見計らって、お花を宅配しても。
おふたりからのメッセージ付きのお花を見たらご両親はきっと驚き、喜んでくれるはず。

ドレス・ブーケの色あてクイズ

新郎新婦が中座中に、お色直し後の新婦のブーケやドレスの色などを
ゲストに予想してもらうクイズです。
だいぶ定番の演出になりましたね。

やり方は簡単。解答用紙を配り、記入していただくだけです。
ひとりずつ記入していただくのが一般的ですが、テーブルごとに記入してもらってもOK!
テーブルごとに記入していただくと、同じテーブルの人同士が仲良くなれるメリットが。
解答用紙は、お色直し入場前に回収しましょう。

もっと簡単にしたいのなら。
まず、色分けした3〜4つの投票箱を用意します。
その箱を、スタッフや司会者、新郎、家族が持って各テーブルをまわります。
ゲストの皆さんには、正解だと思う箱に "席札" を入れてもらいます。
席札を利用すると、筆記用具を用意する必要がないのでラクですね。
投票箱は100均などで購入し、画用紙などを貼り付ければOK。
席札は、クイズ終了後にゲストの席に返すようにスタッフにお願いしておきましょう。

正解発表は新郎新婦お色直し後の入場時。
プレゼントを用意すると喜ばれます。
定番の演出なので、豪華なプレゼントを用意した方が、盛り上がるかもしれませんね。
豪華プレゼントといえば、ドンペリが人気のようです。

注)このクイズをする場合、お色直しのドレスの色はもちろん口外厳禁ですよ!

○○サービス

結婚式で「○○サービス」といえば。 あなたは何を連想しますか? 超定番はキャンドルサービス
最近は、キャンドルサービスでもひとひねり加えたものや、ゲスト参加型が人気。

キャンドルサービスにひとひねり加えるなら。
ドライアイスを入れたカップに水を注いでまわってもGOOD!
以前、消防士の方が消防服を着て、この演出をされました。
ドライアイスは、冬っぽい雰囲気を出したい方にもオススメです。

ゲスト参加型なら、キャンドルリレーやキャンドルピラミッド。
キャンドルリレーは、両親のキャンドルからゲストあるいは各テーブルのキャンドルに
炎をリレーしてゆき、最後に新郎新婦の持つキャンドルに火が灯されたら
それをメインキャンドルに灯します。
キャンドルピラミッドは、ピラミッド型に並べたキャンドルにゲストに皆さんに火を灯してもらいます。

ゲストと会話が出来る時間が沢山欲しい方には。
キャンドルサービス以外にもいろんな○○サービスがあります。

  • 写真を撮りながらテーブルをまわるフォトサービス
  • ワインを注ぎながらテーブルをまわるワインサービス
  • ドラジェを手渡しながらテーブルをまわるドラジェサービス
  • スィーツを手渡しながらテーブルをまわるスィーツサービス

○○サービスは、おふたりのアイディア次第でいろいろとアレンジ可能。
また、2つを組み合わせてもGOOD!
私はワインサービスをしながらフォトサービスもしました。

○○サービスは内容やゲストの人数によって、時間がかかることもあります。
進行との兼ね合いを考えて演出に取り入れてくださいね。

ゲストから1年後のふたりへ・・・

ゲスト全員にカードを配り、1年後のふたりにメッセージや、
1年後どうなってるかの予想を書いてもらう演出です。
おふたりは1年後に、そのお返事をゲストの皆さんに出します。
ゲストにとっても1年後が楽しみな演出になります。

期間は1年にこだわらず、3年でも5年でも10年でもOK!
メッセージは、開宴前やお色直しの最中に書いていただくといいかも。
回収後に、いくつか読み上げても楽しいですし、
タイムカプセル感覚で1年後まで読まずに置いておいてもOK。

挙式当日、カードや記入用のペンを用意するのが面倒だというあなたは。
招待状の返信ハガキにメッセージコーナーを作っちゃいましょう!
通常のメッセージコーナーに「1年後のふたりにメッセージをお願いします」
という一文を加えるだけで完成です。

7月の挙式なら短冊にメッセージを書いてもらって笹に飾ってもらったり。
12月の挙式ならメッセージカードをクリスマスツリーに飾ってもらったり。
季節感を演出してもステキです。

わたしは招待状を手作りしたので、返信ハガキにこのメッセージコーナーを設けました。
いろんなメッセージがあって嬉しかったです。
「女の子と男の子の双子の出産が間近」とか。
「1年後には私も結婚してるはず」とか。
予想はことごとくハズレましたがね・・・。
1年後には写真入でメッセージのお返事を出しました。
「1年経ちました」という報告ハガキはとても珍しいので、喜ばれましたよ。

新郎新婦へ質問

新郎新婦にとっては酷な演出かもしれませんが。
ゲストからのお願いや質問に、絶対答えないといけないというゲーム感覚の演出です。

ゲストの方に新郎新婦へのお願いや質問をカードに書いてもらいます。
開宴前(受付前後)やお色直しの最中がいいと思います。
質問のカードが入った箱から、新郎新婦がカードを引きます。
新郎新婦はお願いや質問に絶対答えてください。

カジュアルな演出ですが、ふたりの人柄が伝わる演出です。
少しお酒が入っている方が面白いかも。
箱は100円ショップで売っているもので十分です。

スピーチリレー

ゲストの皆さんに一言ずつスピーチをしていただく、スピーチリレー。
定番の演出になってきましたよね。

でも、単に「おふたりにお祝いの言葉を・・・」とマイクを向けると、
ほとんどの方が「おめでとう」とおっしゃいます。
(中には「話すのが苦手だから」と、いきなりアカペラで歌ってくれる人もいますが・・・。)
これではちょっとつまらないですよね。
また、前の方にとっておきの言葉を先に言われてしまうことも。
これも結構ツライです。

そんな時は、しりとり一言スピーチという方法も。

例えば。
「おめでとうございます」
     ↓
「スィートホームを作ってください」
     ↓
「いろいろあると思うけど頑張って」
こんな感じで、ほのぼのとした雰囲気になりますよ。

人数が多いとそのうち飽きてしまうので、少人数向けの演出です。
人数が多い場合は、人数を絞って挑戦してもらってもGOOD。

ブライダル新聞

結婚式やパーティで、新郎新婦のプロフィールを新聞にまとめて
出席していただいた方たちに配る演出。
2次会で使ってもGOOD!

受付で配って披露宴開宴前に読んでもらうもよし。
お色直し中に配って読んでもらうもよし。
テーブル挨拶の時にふたりが配るもよし。
「号外でぇ〜す!」と言いながら配ると雰囲気が出ます。

ゲストの皆さんは、結構真剣に読んでます。
多分、現場のスタッフも真剣に読んでます(笑)。

出会いのエピソードや、プロポーズのエピソードなど。
面と向かって聞かれたら恥ずかしいことも、ブライダル新聞でなら公表できるかもしれませんね。
初対面の人同士でも、ブライダル新聞ネタでスムーズに会話をすることができます。

各テーブルで食事

ゲストの人数が少ないときにオススメなのが、各テーブルでの食事。
各テーブルにふたりの席を用意しておき、お料理ごとに席を移動していきます。
料理を一緒に食べながら、ゲスト全員と会話をすることができるので、
ゲストとゆっくり過ごしたい方にはオススメの演出です。
親族のみのご披露宴で、余興が少ない場合にもオススメです。

新郎新婦からゲストの紹介

余興やスピーチ、手作りグッズなどなど。
ゲストに協力をしてもらったものを、新郎新婦が紹介をします。
タイトルそのまんまですが(笑)。

いつ頃からの知り合いなのか、そのときの思い出などをおりまぜながらゲストを紹介してください。
自分の言葉で紹介することで、人柄やゲストとの関係がよく伝わります。

わたしもこれをやったのですが。
ゲストはわたしたちと直接しゃべったような錯覚をおこしていたようで。
「いっぱい話が聞けて楽しかった」と言ってもらえました。
アットホームな披露宴にしたい方にはオススメです。

テーブル名をオリジナルに

式場が用意してくれるテーブル名は「松・竹・梅」とか「寿・福・禄」とか。
ちょっとかたい名前が多いですよね。
これを、おふたりのオリジナルにしてしまいましょう。

「星座」「色」「花」「宝石」の名前など、なんでもOK。
ただし、おふたりの結婚式のコンセプトに沿ったものを選んでください。

わたしが担当したお客さんの例をいくつか挙げますね。
学校の先生カップルの場合、「一組」「二組」「三組」といったクラス名。
虹がコンセプトのカップルの場合、「赤・橙・黄・緑・青・藍・紫」の7色。
映画が好きなカップルの場合、ふたりが好きな映画の名前。

わたし自身は、ゲストとふたりの関係をテーブル名にしました。
たとえば、家族の席は「Family」、神戸で知り合った友人の席は「Kobe」など。
テーブル名にふたりの似顔絵をプラスすることで、
どちらのゲストなのかがひと目で分かるようにしました。

テーブル名をオリジナルにしたら、他のアイテムとリンクさせるとステキです。

お花の名前をテーブル名にする場合。
卓上装花をテーブル名のお花にしたり、花言葉を添えておくなど。

色の名前をテーブル名にする場合。
席札などのペーパーアイテムを同じ色でそろえたり、卓上装花を同じような色合いにするなど。

宝石の名前をテーブル名にする場合。
宝石と同じ色のスワロフスキーを卓上装花のまわりにちりばめたり、
席札などのペーパーアイテムにスワロフスキーを飾るなど。

おふたりらしいテーブル名を考えてくださいね。

ゲストの誕生日をお祝い

結婚式の前後にお誕生日を迎えるゲストをお祝いしちゃいましょう。
司会者もしくは新郎新婦からお誕生日を迎えるゲストを紹介して、
みんなで「ハッピーバースデー」の曲でお祝いすると余興のひとつに。

たとえば、デザートのケーキにローソクを立てておき、
デザートが配られるときにお誕生日のゲストがいることを紹介。
みんなで「ハッピーバースデー」の曲を歌い、曲が終わったらローソクを吹き消してもらう。
自然と「おめでとう」という声と拍手がおこると思います。
ケーキをもうひとつ用意するのではなく、デザートのケーキを利用することで、
予算も少なくて楽しい演出になりますよ。

お誕生日のゲストとおふたりしか分からない方法で、こっそりとお祝いしてあげてもGOOD。
わたしの場合、デザートに「Happy Birthday」と書かれたチョコレートプレートを添えました。
まわりのゲストは気付いていませんでしたが、目をウルウルさせながら、
高砂席に座っているわたしたちに目で合図をくれた友人の顔が今でも忘れられません。

結婚式で自分の誕生日をお祝いしてもらうなんて、誰も考えていないので、
とても印象深い誕生日になりますよ。
新郎新婦がお誕生日なら、なおさら。みんなでお祝いしてあげましょう!

関連記事
スポンサー
記事検索
人気コンテンツ
モノMONO情報局 ウェディング用語辞典