パスポート申請に必要な書類とビザの申請について

結婚準備マニュアル

新婚旅行のこと

旅行先の国(タイなど)によっては有効期限が6ヶ月以上必要な場合もあるります。
パスポートの有効期限は早めにチェックして。
旧姓のまま渡航しても問題はありませんが、
夫婦として新婚旅行へ行きたいなら早めに入籍し、氏名変更の手続きを。

パスポート申請

申請に必要な書類は下記の通り。
申請から受領までは休日・祝祭日を除いて8〜10日間ぐらいです。

一般旅券
発給申請書
各都道府県旅券課や旅行会社で入手。
5年用と10年用に分かれる。
戸籍謄(抄)本 申請日より6ヶ月以内のもの。
住民票 住民基本台帳ネットワークシステムを導入している都道府県の窓口で申請する場合は原則不要。
写真 縦4.5cm×横3.5cmの縁なし(無背景)で、申請日より6ヶ月以内に撮影したものが原則。
官製はがき 未使用のものにあて先として、住民票の住所、氏名を記入。
身分確認用書類 1点でよいもの
日本国旅券(失効後6ヶ月以内のもの)、運転免許証、船員手帳、宅地建物取引主任者証など

2点必要なもの(A+A)(A+B)
A/健康保険証、国民年金手帳、厚生年金手帳、恩給証書、印鑑登録証明書、共済組合会員証など
B/(要写真添付)会社の身分証明証、公の機関が発行した資格証明書、学生証など

ビザ申請

旅行先の国によっては、ビザ(査証、渡航先の国が発行する入国許可書)が必要な場合も。
欧米諸国では、ほとんどの国では不要ですが、中国やベトナムなどのアジア方面や中近東、
アフリカ方面の国々では必要なところが多いようです。

ビザを取得するには、入国を希望する国の大使館・領事館の査証課に必要書類を郵送するか出向いて提出します。
申請から発給までにかかる時間も国ごとに異なりますが、早くて即日、遅くても2週間程度。
ツアー旅行の場合は、旅行代理店が代行してくれる場合もありますが、手数料が必要となります。

申請に必要な書類は以下の通り。
ただし、国によっては必要書類が異なる場合があるので、必ず各大使館、総領事館に問合せを。

申請書 各大使館、総領事館のビザ申請窓口に備え付けのもの。
パスポート 残存有効期限が何ヵ月以上と決められている場合もあるので、要確認。
写真 サイズは国ごとに異なるので要確認。
パスポートと同じサイズ(縦4.5cm×横3.5cm)の写真が使える場合が多いようです。
手数料 国ごとに異なる。通常は申請時に支払う。

>> 次のページでは、失敗しないスーツケースの選び方をお教えします。

関連記事
スポンサー
記事検索
人気コンテンツ
モノMONO情報局 ウェディング用語辞典