友人、知人の結婚式のスピーチのポイント。

結婚式お呼ばれマニュアル

スピーチを頼まれたら

友人や知人の結婚式でのスピーチ。
緊張しますよね?
スピーチが終わるまで、食事が楽しめなかったり。
あまりにも緊張しすぎて、グラスを割ってしまった人を見たことがあります.....。
でも、頼まれたら快く引き受けるのがマナーです。

スピーチで緊張しないために

緊張して失敗しないためには、準備が必要。
まず、スピーチの原稿を作ります。
3分以内のスピーチの場合、文字量は800字程度。
原稿ができたら声に出して読み、話の流れや長さをチェックします。
言いにくい表現があったら修正をしましょう。

スピーチの内容を暗記して話している人を見ると「すごいなぁ〜」と関心してしまいますが。
無理して暗記をする必要はありません。
原稿を読みながらスピーチすることは、恥ずかしいことではありません。

スピーチのポイント

短く!

長くて嫌われるのは「鼻の下」と「スピーチ」。
短くて好まれるのは「スカート」と「スピーチ」。
こんな名言をネット上で目にしたことがあります。
主賓で5分程度、お友達なら3分程度が適当です。

ポイントをしぼって!

つき合いが長く、親しい間柄であればあるほど、話したいことが増えていきますが、
欲張ってエピソードを盛り込みすぎると、スピーチが長くなっってしまうので要注意。
新郎新婦の人柄や長所を印象的に伝える話や、自分しか知らない話など、
ひとつのエピソードにしぼり込みましょう。
ただし、過去の暴露話や下ネタ、他の人を傷つけるような話は厳禁です。

背筋をのばしてゆっくりと!

いざスピーチをするとなると、華やかな雰囲気にあがってしまうことも。
でも、背中を丸めたり、早口になったりしてはいけません。
せっかくのスピーチも聞きづらいものになってしまいます。
マイクの前に立ったら、まず深呼吸して肩の力を抜きましょう。
そして、新郎新婦や列席者に話しかける気持ちで、ゆっくりはっきりと!

悪のりしない!

披露宴にはいろいろな立場の方がいらっしゃいます。
悪ふざけをしたり、内輪ネタで盛り上がったりするのは、とても見苦しいです。
みんなが楽しめるスピーチにしましょう。

忌み言葉に気をつける

縁起が悪いとされる「忌み言葉」は使わないように注意しましょう。

  • 引き裂かれるイメージの言葉
    「切れる」、「離れる」、「分かれる」、「破れる」など
  • 安定のなさをイメージする言葉
    「去る」、「出る」、「戻る」、「追う」、「帰る」、「繰り返す」、「捨てる」など
  • 不幸をイメージする言葉
    「滅びる」、「苦しい」、「薄い」、「浅い」、「嫌う」、「冷える」、「つぶれる」など
  • 再婚をイメージする言葉
    「たびたび」、「重ね重ね」、「皆々様」、「たまたま」、「かえすがえす」など
関連記事
スポンサー

アップビートバルーン
記事検索