結婚式の受付を頼まれたらどうする?受付のポイント。

結婚式お呼ばれマニュアル

受付を頼まれたら

受付は両家にかわって招待客を迎える重要な役目。
明るく、失礼のないようにふるまうように心がけましょう。

事前に打合せをしておくこと

以下の場合は、事前に新郎新婦と打合せをしておくことをオススメします。

  • 新郎新婦の親族に大切な来賓の到着を知らせる必要がある場合
  • お車代を渡す必要がある場合

また、受付で預かったご祝儀を渡す人も相談しておきましょう。
ご両家のお母様やご兄弟に渡すのが一般的です。

当日の準備

ほとんどの場合、当日の集合時間と場所を指定されますが、
指定がない場合は、1時間前くらいをめどに会場に着くようにするといいと思います。

まずはご両家へのあいさつや身だしなみを整え、
次に、芳名帳、筆(ペン)、広蓋(ご祝儀をのせる盆)、招待者名簿などを確認します。
受付では、更衣室や控室、クローク、トイレの場所などを聞かれることもあります。
場所を確認して、案内できるようにしておくと親切です。

当日、会場のスタッフが受付の仕方を説明してくれるはずです。
わからないことや不安なことがあったら、会場のスタッフに相談を。

受付のポイント

招待客が見えたら

立ち上がっておじぎをし、
「本日はありがとうございます」「お忙しい中ありがとうございます」などとあいさつをします。
祝福の言葉を受けたら、お礼を述べます。

芳名帳の記帳をお願いするとき

芳名帳の正面を招待客に向け、「恐れ入りますがご記帳をお願いします」と両手で差し出します。

ご祝儀袋を手渡されたら

「ありがとうございます。お預かりします。」とお礼を述べ、両手で受け取り名前を確認します。
中身の確認はせず、お盆にのせて大切に保管します。

記帳がすんだら

「開宴まであと○分ございますので、控室でお待ちください」と伝え、
控室の方向に手を向けて案内をします。

関連記事
スポンサー