卒業式,謝恩会,入学式などお母さんの洋服着こなしポイント。

結婚式お呼ばれマニュアル

お母さんの着こなし

卒業式・入学式は子どもたちにとって、とても大事なセレモニー。

お子さんの準備にばかり気をとられて、お母さん自身の服装が決まっていない・・・。
お子さんよりお母さん自身のファッションに悩んでしまう・・・。 どんな服装にしたらよいのか分からない・・・。
そんなことありますよね。

卒業・卒園式、入学・入園式のお母さんの着こなしポイントをまとめてみましたので、
参考にしてみてください。
大切なセレモニーですから、お気に入りのファッションで出席してくださいね♪

関連ページ

エレガントなモノトーンスーツ さわやかなパステルスーツ 着まわしOK!ブラックフォーマル マタニティフォーマル(パーティードレス)

何を着る?

洋服と和服のどちらにするか迷ってる方もいらっしゃると思いますが、
最近の傾向としては、洋服の方がほとんどのようです。

とはいえ、少数派の和服もすてがたいもの。
少人数だからこそ、周りのお母さん方に「素敵だな」という印象を与えるようです。
準備が大変ですが、着物をお持ちの方はぜひチャレンジしてみては?

派手ではなく、華やかに

卒業・卒園式、入学・入園式の主役はあくまで子どもです。
華やかさは大切ですが、派手になってしまうと.....。

「派手だっていいじゃない!これが私のファッションなんだから!」
というお母さんもいらっしゃると思いますが。
TPOに合わせるのもファッションだと思います。

写真やビデオにお子さまと並んで写ることも多いと思いますので、
洋服にしろ和服にしろ、お母さんが目立ってしまわないように気をつけてくださいね。
入学式でうっかり目立ってしまうと、名前を覚えられて役員にされてしまう.....
なんてこともあるようですよ。

装いのポイント

卒業式・卒園式での装いのポイント

卒業式・卒園式は、ブラック・ネイビー・グレー系の洋服を着る方が多いようです。
冠婚葬祭用のブラックフォーマルや、ネイビー・グレー系のアンサンブルスーツは、
シーンを問わず着まわせるので便利ですよね。
ただし、地味になりすぎたり、喪服を連想さえないように気をつけるのがポイントです。
コサージュや重ね付けネックレスで差し色を添えたり、
フリルやレース使いのブラウスや光沢のあるキャミソールをインナーにすると華やかな印象に。
コサージュは、低い位置につけてしまうと花の名札みたいになってしまいますので、
高い位置にするのがポイントです。

入学式・入園式での装いのポイント

入学式・入園式は、明るい色調の洋服を着る方が多いようです。
これからお付き合いをしていく方との出会いの場でもありますから、清潔感のあるスタイルが人気。
色としては、ベーシックなベージュやネイビーはもちろん、
春らしく華やかなピンク、サックス、アイボリーも素敵です。
記念品やお子さんの道具類など、持ち帰り品が多くある場合がありますので、
色を合わせたサブバックやおしゃれなデザインの風呂敷等を持ち合わせていると便利です。

卒園式と入学式で同じスーツを着まわしたいとき

卒園式と入学式。両方のお式を控えている方もいらっしゃると思います。
いろいろとお金もかかるシーズンですから、同じスーツを着まわしたい、
そんな風にお考えの方もいらっしゃると思います。
そんなときは、アクセサリーやスーツの中に着るインナーで変化をつけてみてはいかがでしょうか。
卒園式では控え目なものを、入学式では明るい色合いのものをチョイスするといいと思います。
また、髪型やバックを変えるだけでも、印象が随分変わります。
入学式は明るい色調の洋服を着る方が多いですので、
これからスーツを購入される方は、ブラックではなく、ネイビー・グレー系のスーツがオススメです。

防寒対策も忘れずに!

卒業・卒園式、入学・入園式のシーズンは、寒暖の差が激しい季節です。
講堂や体育館など天井も高く広い部屋では、底冷えして寒さを感じることも。
特に洋服は、和服と比べると寒さを感じやすいので、
ひざかけ、スリッパ、カイロなどの防寒対策も忘れずに。
最近は、様々な種類の寒さ対策用のインナーがありますので、
こういったものを利用するのもひとつですね。

結婚式ファッション 厳選役立ちサイト

関連記事
スポンサー