結婚式のご祝儀のマナー,表書きと袱紗の包み方について。

結婚式お呼ばれマニュアル

ご祝儀のマナー

ご祝儀袋を買った時に入っていたビニール袋に入れて持っていく人や、
ご祝儀袋をカバンやスーツのポケットにそのまま入れて持っていく人が多いようですが、実はこれはマナー違反。
ご祝儀が汚れないように袱紗(ふくさ)に包んで持っていくのが正しいマナーです。
(袱紗が無い場合は小さなふろしきやハンカチで代用してもかまいません。)

袱紗(ふくさ)の包み方

結婚式では、赤や紫など赤系統の袱紗を使用します。
紫の袱紗は、慶事・弔事両方使えるので、これから購入をお考えの方には紫をオススメします。
社会人のマナーのひとつとして準備されてみてはいかがでしょうか。

1. ふくさの包み方 2. ふくさの包み方 3. ふくさの包み方 4. ふくさの包み方
  1. 袱紗(ふくさ)を広げ、ご祝儀袋を中央よりやや左寄りに表向きに置き、左の角をとって、中央に折る。
  2. 上の角をとり、その上にかぶせる。
  3. 下の角をとり、その上にかぶせる。
  4. 右の角をとり、折りかぶせるように全体を包む。
関連記事
スポンサー