結婚式のご祝儀のマナー,ご祝儀の年齢別・関係別相場と金額のタブー。

結婚式お呼ばれマニュアル

ご祝儀のマナー

新郎新婦に渡すご祝儀。
いくら包めばいいのか悩むところですよね。

「披露宴の食事代+お祝いの気持ち」と考えることが多いようですが、
基本となるのは、やはり「あなたのお祝いの気持ち」です。
いくら以上でないといけない、という決まりはありません。いくらでもOKなんです。
お金は新札を用意しますので、挙式当日に慌てることがないように、早めに準備しておきましょう。

ご祝儀の相場はいくら?

でも、相場は気になるところ。
ひとつの基準は、相手とのつきあい、自分の立場や年齢です。

  20代 30代 40代
友人・知人 2〜3万円 2〜3万円 3万円
いとこ 2〜3万円 3〜5万円 3〜5万円
甥・姪 --- 3〜5万円 5〜10万円
兄弟・姉妹 5万円 5〜10万円 5〜10万円
勤務先の同僚 2〜3万円 3万円 3万円
勤務先の部下 2〜3万円 2〜3万円 3万円
取引先関係 3万円 3万円 3〜5万円

上記の金額は、主婦の友社アンケートより算出した相場です。
新郎新婦との付き合いの深さや、地方によって考え方の違いもありますので、
あくまでも参考程度にお考えください。

偶数の金額は縁起が悪い?

2で割ることができる金額はよくないと言われますが。
「ペア」と考えることもできるので、最近では気にしない人が多いようです。
1万円札を1枚と5千円札を2枚とし、枚数を3枚にする方もいらっしゃいます。
また、「末広がり」の8も問題ないようです。

4万円と9万円はタブー

ただし、4万円と9万円だけはタブー。
「死」につながる4万円と「苦」につながる9万円は、絶対に避けましょう。

3万円だけでは少ないし、5万円にするのは多い、という場合は、
3万円をご祝儀として包み、1万円相当の品物をプレゼントするのもひとつです。

>> 次のページでは、ご祝儀袋のマナーについて解説します。

関連記事
スポンサー