結婚式当日のマナー | 子供と一緒に結婚式・披露宴に出席する場合のマナー

結婚式お呼ばれマニュアル

結婚式のマナー

「子供と一緒に出席するのは、新郎新婦から子供も招待された場合のみ」
というのが一般的な考え方のようです。

結婚式はいろいろな立場の方がいらっしゃいます。
その中には子供が騒ぐのを見て、嫌な気分になる方もいらっしゃいます。
親しい間柄でないかぎり、子連れは遠慮したほうがいいかもしれません。

子供と一緒に出席していいか迷ったときは、まず、新郎新婦と相談しましょう。
相談されると本当は嫌でも、「嫌」とは言えない新郎新婦もいらっしゃいますので、
話のニュアンスで新郎新婦の気持ちを察してあげてください。

結婚式に子供と一緒に出席する場合のポイント

授乳室があるか確認する

完全母乳で育ててらっしゃる場合は、必ず確認してください。
会場によっては、授乳をするようなスペースがないこともあります。
また、オムツを変える場所の確認もしておきましょう。

披露宴から参加する

新郎新婦が「挙式は厳粛な場」と考えている場合、泣いたら退席では遅すぎる場合も.....。
挙式への参列は遠慮し、披露宴から参加するほうが無難かもしれません。

席は入り口付近にしてもらう

「音やその場の雰囲気にびっくりして大泣き!」なんてことも考えられますので、
すぐに退席できるように、あらかじめ入り口付近の席を用意してもらいましょう。
泣いたら(泣きそうになったら)即対応!
迷わず会場の外に出て、気持ちが落ち着いたら席に戻ります。
席に戻る時は、会場の係の人に進行状況を見計らってもらうようにしましょう。

おもちゃを持参する

お気に入りのおもちゃを用意し、子供ができるだけ機嫌よく過ごせる準備をしましょう。
おもちゃは、音が出ないものを選んで。

託児所やベビーシッターを利用する

会場によっては、託児所を完備していたりベビーシッターの手配ができることも。
託児所やベビーシッターを利用するのも、ひとつの手です。
また、地元のお母さん達が運営しているような子育て支援サ−ビスを利用すると、
新郎新婦に気を使わせることがなく、いいかもしれません。

子供と出席する場合 厳選役立ちサイト

関連記事
スポンサー