美しい花嫁になるために!ウエディングドレスのデザイン(ライン)とイメージ

美しい花嫁になるために

ウェディングドレス選び

ウェディングドレス選びの大きなポイントとなるのが、ドレスのライン。
体形、なりたい花嫁のイメージ、会場の広さや雰囲気を考慮して選んで。

スレンダーライン
スレンダーライン

細身で真っすぐなシルエット。 「スリムライン」と呼ばれることも。 身体に沿ったデザインで、優雅で大人っぽい雰囲気の花嫁になります。

マーメイドライン
マーメイドライン

ひざから下の裾部分が人魚の尾のように広がったシルエット。 身体のラインが強調され、モダンで大人っぽい雰囲気の花嫁になります。

Aライン
Aライン

上身頃からスカートにかけてアルファベットのAのように広がるシルエット。 どんな体型の人でも着こなしやすく、 縦のラインが強調できるので、背を高く見せる効果も。

プリンセスライン
プリンセスライン

上半身は身体に沿ったラインで、ウェストから裾までがゆったりと広がるシルエット。 すっきりとした上品な雰囲気。 パニエのボリューム次第でどんな会場にも似合う。

ベルライン
ベルライン

ウエストを横のラインで細く絞り、腰から裾にかけて広がっているベル(鐘)のようなシルエット。 花嫁らしい可憐な雰囲気。

ウェディングドレスのデコルテデザイン

デコルテのデザインは、顔の印象を左右します。
実際に試着をして、ベストなデコルテデザインを選んで。

ラウンド
ラウンド

襟が丸いデザイン。
シンプルな丸首ラインは、あらゆる体型の人に似合う。 開きが広いものは小顔効果も。

スクエア
スクエア

襟を四角に切り取ったようなデザイン。
肩から胸元をシャープに演出。 顔の大きさ、首の太さを緩和し、丸顔を細く見せる効果も。

Vネック
Vネック

首元がV字にカットされたデザイン。
縦のラインが強調され、大人っぽい雰囲気。 首の太さや細さをカバーする効果も。

ビスチェ
ビスチェ

トップがストラップレスのデザイン。
胸元と背中が広く開き、肩のラインを美しく演出。 首の周りにはアクセサリーを。

オフショルダー
オフショルダー

両肩を出すデザイン。
カジュアルにもフォーマルにもアレンジ可能。 肩幅や二の腕を華奢に見せる効果も。

スタンド
スタンド

折り返しのない襟が首にフィットしたデザイン。
寂しげな顔立ちをゴージャスに見せてくれる。 上品で大人っぽい雰囲気。

ウェディングドレスのスリーブデザイン

袖の有無でウェディングドレスの印象は大きく変わります。
腕や肩のラインを美しく見せるノースリーブが人気ですが、実際に試着をしてベストなデザインを選んで。

ノースリーブ
ノースリーブ

露出度の高い袖がないデザイン。 ストラップの太さや、小物によってイメージが変わる。
細いストラップなら、首はすっきりと肩は華奢に見せてくれる効果も。 肌の露出が禁止されている教会では、ロング手袋やボレロを着用して。

アメリカンスリーブ
アメリカンスリーブ

首から袖ぐりの下まで、斜めに大きくカットされたデザイン。 モダンでスタイリッシュなイメージ。
袖ぐりが大きくひらいているので、腕の美しさが強調されるが、 二の腕が気になる人は要注意。 いかり肩で首が長い人に向く。

パフスリーブ
パフスリーブ

袖付け、袖口などにギャザーを寄せて、袖が膨らんだデザイン。 可憐でキュートなイメージ。
ふわっとした袖が、気になる二の腕をカバーする効果も。 ただし、袖の長さが中途半端だと逆効果になることもあるので要注意。

フレンチスリーブ
フレンチスリーブ

身頃と袖の切り替えがなく、肩先を覆うようなデザイン。 清楚でエレガントなイメージ。
襟ぐりが広くあいたものなら上半身や首のラインをスマートに見せてくれるので、二の腕カバーの効果も。 なで肩の人に向く。

ロングスリーブ
ロングスリーブ

袖が長いデザイン。 クラシカルで清楚なイメージ。
五分、七分、手首を覆うものなど、袖の長さはいろいろ。 袖がレースやオーガンジーなど透明感のある素材だと上品かつエレガントな雰囲気に。 二の腕が気になる人に向く。

パゴダスリーブ
パゴダスリーブ

上部はタイトで、袖先に向かって広がっていくデザイン。 上品でエレガントなイメージ。
袖の長さはいろいろ。 仏塔のように3段、5段と重ねたデザインもある。 二の腕が気になる人にも向くが、袖にボリュームがあるので腕が細くて悩んでいる人にも向く。

関連記事
スポンサー