これで完璧!お気に入りのブライダルブーケを手に入れるためのスケジュール

美しい花嫁になるために

ウェディングブーケ選び

その昔、プロポーズに行く男性が野に咲く花を摘んで花束を作り、
想い込めて花嫁となる女性にささげ求婚しました。
女性は花束を受取り、愛を受け入れた証として
花束の中の1輪を男性の胸元(ボタンホール)に飾りました。
ブーケ・ブートニアには、こんなロマンティックな逸話があります。

ウェディングブーケ選びのスケジュール

時期 やることリスト
3ヶ月前
ブーケのイメージを固める
  • ■ 衣裳決定
    ウェディングブーケと衣裳のバランスはとても重要。 ブーケを選ぶ前に、まずは衣裳を決定しましょう。
  • ■ ブーケのイメージを固める
    どんなイメージにしたいか、使いたい花や色などブーケのイメージを固めます。 気に入ったブーケの切り抜きを用意しておくとGOOD。 切抜きをスクラップしておくと好みの傾向が分かりますし、フローリストに相談しやすくなります。
2ヶ月前
フローリストに相談
  • ■ 打ち合わせ
    衣裳が決まったら、試着時の写真持参でフローリストと打ち合わせを。 衣裳の雰囲気が分からないとフローリストもイメージしにくいもの。 試着時の写真は必ず持参して。
  • ■ お色直しはどうする?
    お色直しをする場合は、ドレスに合わせてブーケも変えるのが◎ ブーケだけのお色直しも素敵。
1ヶ月前〜2週間
ブーケ&ブートニア決定
  • ■ ブーケ&ブートニア決定
    フローリストと打ち合わせをして、ブーケ&ブートニアを決定します。 ブーケはキレイな花を選りすぐって作るので、花を大量に仕入れる必要があります。 そのため、1ヶ月前には打合せをし、遅くとも2週間前には注文をして。 ギリギリになると、花の入荷が困難になることも。
  • ■ 生花のヘッドドレス
    生花のヘッドドレスを使いたい場合は、ブーケとおそろいのお花を使って。 ブーケと同じタイミングで注文するのがベスト。
  • ■ 新郎のブートニア忘れてない?
    ブーケと同一種の花を使ったブートニアも忘れずに。 料金はブーケとセットになっていることも。

>> 次のページでは、ウェディングブーケ選びのポイントを解説します。

関連記事
スポンサー
記事検索
人気コンテンツ
モノMONO情報局 ウェディング用語辞典